▲TOPへ戻る
サービス利用の手順

介護保険の利用には申請が必要です


介護サービスを利用するには、どれくらい介護や支援が必要かを判断する「要支援・要介護認定」を受ける必要があります。申請をしていただくと、訪問調査を行い、その結果と主治医の意見書をもとに審査をして認定結果を決定します。比較的元気な方で訪問介護(訪問型サービス)と通所介護(通所型サービス)のみの利用をお考えの場合は、「介護予防・日常生活支援総合事業」について、お近くの地域包括支援センターにご相談ください。


認定申請は足立区の介護保険課または福祉事務所の窓口でお受けします。
申請は本人・家族以外に下記の者に代行してもらうこともできます。


・地域包括支援センター
・居宅介護支援事業者
・介護保険施設(入所されている方は、当該施設に代行を依頼できます。)

申請に必要なもの

●申請書

介護保険課または福祉事務所の窓口に置いてあります。
足立区のホームページからも印刷できます。

●介護保険の被保険者証

40〜64歳の方は健康保険の保険証が必要です

申請書には担当医師の氏名・医療機関名・所在地・電話番号を記入する欄があります。事前に確認しておきましょう。




申請をすると、訪問調査と主治医意見書をもとに公平な審査・判定が行われ、介護や支援が必要な度合い(要介護度)が決まります。


●訪問調査

足立区の委託を受けた認定調査員(ケアマネジャー等)がご自宅等を訪問し、心身の状態や日中の生活、 家族、 居住環境などについて聞き取り調査を行います。


●主治医意見書

足立区の依頼により担当医師が意見書を作成します。


●一次判定

訪問調査の結果や、主治医意見書の一部の項目をコンピュータ入力し、一次判定を行います。


●二次判定(認定審査)

調査の結果や一次判定、主治医意見書などをもとに、保健、医療、福祉の専門家が審査します。





利用の手順

利用の手順

利用の手順